表札は風水的に重要?

表札は風水的に重要?設置するときの注意点を紹介

表札と風水には、実は深い関係があります。
風水の考え方を意識して表札を設置することで、住まいによい運気を呼び込めるかもしれません。

本記事では、表札と風水の関係や、設置するときの風水的な注意点を分かりやすく解説します。

■本記事はこんな方にオススメ
・表札に風水の考え方を取り入れたい方

表札と風水の関係

表札と風水の関係性とは?

家の玄関に設置する表札は、実は風水と関係があるとされています。

風水とは、中国の長い歴史の中で誕生した、人や家庭の運気について考える学問のことです。

風水の考え方では、家庭の運気に影響を及ぼす「気」は、玄関の外から入ってくるとされています。

そのため、表札の色や素材、取り付け場所などを工夫すれば、家の中の気の流れを改善し、住まいを健やかに保つことができます。

表札を設置するときの風水的な注意点

ポイント

表札を設置するときの風水的な注意点は4つあります。

  • 表札を向かって右側に設置する
  • 表札の形は縦向きの長方形にする
  • 表札の文字は浮き彫りにする
  • 表札の色と素材を調和させる
表札を向かって右側に設置する

風水では、「陽」の気は右側、「陰」の気は左側を通ると考えています。

陰の気はそれ自体が悪いものではありませんが、家の中に陰の気がこもりすぎると、気の流れが淀んでしまう原因になります。

表札を外から見て右側に設置すれば、陽の気が玄関から流れ込み、家の中の気の流れを改善することが可能です。

表札の形は縦向きの長方形にする

表札にはさまざまな形がありますが、風水上よいとされるのは縦向きの長方形です。

長方形には、家運隆盛、家内安全の効果があり、家庭の運気をアップさせることができます。

縦向きの長方形の表札を設置する場合は、天然木の素材を選ぶと、さらに運気の流れがよくなります。

855
福彫さんの「銘木表札 一位(イチイ)風水浮彫 855」
風水の考え方を取り入れた縦型の表札です。

商品の詳細はこちら

表札の文字は浮き彫りにする

表札に文字を入れるときは、墨書きか浮き彫りにするのがおすすめです。

墨書きや浮き彫りにすると、表札の名前がくっきりと盛り上がって見えるため、家族の運勢も上がるとされています。

FFM-B-21
丸三タカギさんの「風水表札 桧タイプ FFM-B-21(黒)青海波」
風水上良いといわれている要素を全て盛り込んだ、究極の風水表札です。

商品の詳細はこちら

逆に風水上避けたいのが、名前を彫った表札です。
名前を彫った表札は、お墓を連想させることもあり、風水ではあまり縁起がよくないとされています。

また、表札には世帯主の名字またはフルネームのみを記載しましょう。

家族全員の名前を書くと、それぞれが持つ運気が互いに干渉し、家庭の運気が減少してしまう場合があります。

表札の色と素材を調和させる

表札のデザインを決めるときは、色と素材のイメージを統一させることで、より運気が高まるとされています。

例えば、昔ながらの和風建築の場合は、ヒノキやイチイなどの天然木を使用した表札を設置するのがおすすめです。

一方、西洋建築の家に木製で楷書・行書体の表札を設置しても、住まいのテイストと調和しません。

例えば、表札の名前をアルファベットで表記したり、御影石や大理石などの天然石を使用してみたりと、住まいと調和したデザインの表札を設置することが大切です。

FFK-23
丸三タカギさんの「風水表札 大理石タイプ FFK-23(2色)鳥」
エレガントな雰囲気の大理石サイン。
ゴールドカラーで金運アップ。

商品の詳細はこちら

表札を設置するときは風水の考え方を意識しよう!

まとめ

家の入り口である玄関は、家の運勢に影響を及ぼす「気」が入ってくる場所だといわれています。

表札を設置するときは、風水の考え方を取り入れることが大切です。

表札を向かって右側に設置したり、縦向きの長方形の表札を設置したりするだけでも、家族の運勢をアップさせることができます。

本記事がお客様の表札選びの参考になれば幸いです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

風水の考えを取り入れた表札はこちら
FFM-A-21「風水表札」の一覧はこちら

関連記事一覧

コメント ( 0 )

  1. この記事へのコメント はありません。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。