石素材表札のサイズ問題解決法:関西サイズと関東サイズの違いをご紹介

石素材表札の関西サイズと関東サイズについて

石の表札には関西サイズと関東サイズというものがあるのはご存じでしょうか?

石素材の表札は、同じメーカーから販売されている商品でも、販売エリアによってサイズが異なるケースがあります。

リフォームの時に「表札を設置している門柱は壊したくない、でもぴったり合うサイズの表札が欲しい。」

「これって表札のサイズを特注しないといけないのかな?」
「高くなりそう…」

もしかしたら、その表札は「関西サイズ」かもしれませんよ。
その場合は、わざわざサイズを特注する必要はありません。

本記事では、特にリフォームの時に考えたい、石素材表札の関西サイズ・関東サイズについてご紹介させて頂きます。

■本記事はこんな方にオススメ
・石素材の表札のリフォームをご検討の方

今の表札と同じサイズの表札が欲しいです。

先日、お客様から石素材表札の特注お見積りのご依頼を頂きました。

今ある表札を交換して既存の石積み門柱に設置したいのでサイズを合わせたいという内容です。

設置するにあたって検討した商品は、福彫さんの「天然石表札 スタンダード 白大理石 No.1」。

NO1名前にスタンダードと入っているだけあって、昔から愛される定番の石素材表札です。

写真を2枚頂きまして、サイズを確認したところ、、、

表札の関西サイズ横幅が約90mm
表札の関西サイズ高さが約180mm

ご要望を頂いている「天然石表札 スタンダード 白大理石 No.1」のサイズは198×83mmと若干異なるため、上記のサイズに合わせた特注見積を作成してほしいという事でした。

実はその表札は「関西サイズ」

まず既存の表札は縦書ですが、これは追加価格もなく対応可能です。

この縦書は、表札シミュレーターでは対応できないため、縦書をご希望頂く場合はご相談下さい。

さて、問題のサイズですが、この白大理石はサイズ特注が不可の商品となっているため少し考えました。

表札メーカーでは、表札の元となる石材を板状で仕入れている事が大半のため、規格外の寸法では対応できないという事情もあります。(対応できる石材やメーカーによっても対応は異なります。)

そこから、ふと思ったのがこの「90×180mm」というのは特注サイズではないのではないか?

調べてみると、この「90×180mm」というのはいわゆる「関西サイズ」と呼ばれているサイズということがわかりました。

「関西サイズ」と「関東サイズ」とは?

石素材の表札における関西サイズと関東サイズは、地域ごとに一般的な規格やサイズ基準が異なる点が特徴となっています。

関西サイズ:幅が約180mm、高さが約90mm程度。
関東サイズ:幅が約198mm、高さが約83mm程度。

これらの地域ごとのサイズ基準は、地域の伝統や文化、建築様式などに基づいており、石素材の表札においてもその地域特有の傾向が反映されているようです。

昔は、表札を購入する時はホームセンターを中心とした地場の業者から購入する事が一般的だったため、東西のカタログを見比べることはなかったと思います。

しかし、現在ではインターネットショッピングが普及しているため、関東・関西というエリアに関係なく全国一律で表札を購入できるようになりました。

結果的に関西サイズ・関東サイズと分ける必要性も薄れてきているため、メーカーによっては「関東サイズのみ」をカタログに記載しているケースも見られます。(美濃クラフト・福彫)

カタログで関西サイズ・関東サイズと記載しているのは、私が確認したところでは「丸三タカギ」のIEROGO(イエロゴ)くらいでした。

丸三タカギ イエロゴ丸三タカギさんのカタログ「IEROGO(イエロゴ)」
関西サイズ・関東サイズについて明記されている。
「サイズ変更OK」と対応力が高いのもポイント。

じゃあ、福彫の場合は「関西サイズ」は対応できないの?

結論から申しますと「対応可能」です。

上述の通り、石材を仕入れて表札に加工している関係上、関西サイズの石板がメーカーに在庫として残っている場合は対応可能です。

少し裏技的にはなりますが、石のサイズを変更するわけではないので通常価格で対応する事が出来ます。

 

表札の関西サイズしっかりサイズが90×180mmになっています。

今回お問い合わせを頂いた時には、福彫さんにこの関西サイズの在庫があったため、上記のレイアウトをご案内させて頂きご注文を頂きました。

価格も変更なく、ぴったりのサイズをご提案できたのでご満足頂けたのではないかと思います。(レビューお待ちしています!)

石素材の表札をリフォームする時はサイズを確認しましょう。

今回は、実際にお問い合わせを頂きました例を元に、石素材表札の関西サイズ・関東サイズについてご紹介させて頂きました。

関西サイズはカタログに掲載されていないことが多いため、一見すると特注サイズのように思われます。

メーカーに関西サイズの石板の在庫がある場合は通常価格で対応させて頂く事が可能です。

思い入れのある門柱を壊したくないという場合や、リフォームで既存の石素材表札と同サイズで表札を製作したいという場合、当店に一度ご相談下さい。

複数メーカーからお客様のご要望に沿った商品を提案させて頂きます。

本記事がお客様の表札選びの参考になれば幸いです。

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

今回ご紹介した商品
NO1【福彫】天然石表札 スタンダード 白大理石 No.1
FKE-K_kansai【丸三タカギ】天然石表札 FKE-K(K.雲石)関西サイズ180×90×20mm

関連記事一覧

コメント ( 0 )

  1. この記事へのコメント はありません。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。
エクステリアの通販サイトエクストリム