真鍮風表札

真鍮表札の経年変化が心配?それなら「真鍮風」表札はいかが?

真鍮表札は時間の流れと共に色の変化を楽しむ表札ですが、ご質問の中で多いのが「どれくらい黒くなるの?」というもの。

それだけ、真鍮表札には興味があるけれど「真っ黒になるのはイヤだ」ということだと思います。

そこで本記事では、真鍮表札の経年変化のご紹介と真鍮風の塗装を施した表札をご紹介させて頂きます。

■本記事はこんな方にオススメです。
・真鍮表札は気になっているけど経年変化が心配な方
・真鍮表札のようなゴールドの表札をお探しの方

真鍮表札はどれくらい黒くなるの?

その疑問にお答えするために、真鍮表札のバリエーションが豊富な「福彫さん」に質問してみました。
そこで頂いたのが、この資料。

福彫 真鍮表札 曝露実験

真鍮を屋外にて曝露試験したものだそうです。
曝露試験ということなので、風雨にさらされることになるので、実際に表札として屋外に設置した時と環境が近い状態での実験という事になります。

上の列が福彫さんの真鍮表札に加工されている「クリア塗装」を施した真鍮。
下の列が「素地」の真鍮となっています。

見てびっくりしたのが、素地の場合6か月経っただけで結構黒く変色してきているという事。
逆にクリア塗装を施された方は、大きな変化が見えませんでした。

福彫の方に伺うと、「このクリア塗装はコーティングになるので少なくとも数年はノーメンテナンスで大丈夫ですよ。」との事。

ただ、もう一つ気になる事も言っていました。

クリアー塗装は完全に空気を遮断するわけではないので、変色は起きます。
変色した場合は、表面をきれいに拭いてもクリアー塗装の内側から変色しているので変色を止める効果がありません。
気になる場合はクリアー塗装を落としてからメンテナンスを行う必要があります。

クリアー塗装を施した場合でも真鍮の経年変化を止めることは出来ないようですね。

クリアー塗装を施した真鍮表札はどれくらい変化するの?

先ほどの実験写真をご覧頂いた方の中には、「真鍮の素地は6か月で黒くなっていくのがわかったけど、じゃあクリア塗装が施された真鍮は6か月以降はどのように色が変化するのか?」と疑問に思われた方もいらっしゃると思います。

そこで、福彫さんから展示会で使用している真鍮表札の写真を頂きました。

福彫 真鍮表札

写真に写っている表札は、上側(「NAGAKURA」と記載)は2023年時点で1年経過したもの。
下側(「槙野」と記載)は2023年時点で6年経過したものとのこと。

福彫 真鍮表札

1年目はカタログの写真から少し黒くなったかな?程度に感じました。
6年目はさすがに黒褐色に変化している事が一目でわかるようになっています。

真鍮表札特有の深みのある色合いに変化している。
と個人的には思いました。(好みの問題もあると思いますので、あくまで主観です。)

また、今回の写真に写っている表札は、展示会で使用する時以外は倉庫で保管しているということでしたので、紫外線を常に浴びているわけではありません。
そのため、実際に使用する際には、もっと早く経年変化が起こると思われます。

経年変化も含めて楽しんで頂くのが真鍮表札のコンセプトだと思いますので、「真鍮表札は変色していくもの」という認識を前提にご検討を頂ければ幸いです。

黒くなるのはイヤ。でも真鍮表札のゴールド色がいい…

真鍮表札の魅力の一つとして、経年変化を楽しむということを上げていましたが、この色味の変化は設置状況によっても様々。
そのため、お気に入りの色合いを保つというのはなかなか難しく、定期的なメンテナンスが必要になります。

そこまで手が回らないし、やっぱり真鍮表札はやめておこうかな…
と感じる方にオススメなのが、美濃クラフトさんの「真鍮風塗装」を施した表札。

名前の通り、真鍮のようなゴールド色の塗装を施した表札で、塗装のため色の変化がほとんどなくお気に入りの色合いが続くのが特長です。

美濃クラフト 真鍮風塗装

この真鍮風塗装は真鍮表札を磨いた表情から経年変化が進んだムラのあるリアルなものまで、5タイプものバリエーションがあります。

特にオススメなのが、「真鍮風」の塗装が施されている表札「アルミ鋳物表札 i-mono(イーモノ)CA-34」。

美濃クラフト アルミ鋳物表札 イーモノ CA-34 イメージ

「まっさらの金色」ではなく、何年か設置したかのようなムラのある変色を塗装で再現しているのがポイント。

塗装なので大きな変色がなく、メンテナンスも容易なので経年変化が心配な方は、真鍮風塗装をオススメ致します。

真鍮表札の経年変化を考えるなら。

今回は、真鍮塗装の経年による色の変化と、美濃クラフトさんの真鍮風塗装についてご紹介させて頂きました。

福彫さんの真鍮表札にはクリアー塗装が施されているので、色の変化は素地に比べると緩やかです。
ですが、クリアー塗装では完全に経年変化を止めることは出来ないので、数年も経つと味のある黒褐色に変化してきます。

家族の成長と共に変化していく真鍮表札の経年変化は、真鍮表札を選ぶ魅力の一つです。

ただ、真鍮表札の経年変化を良しとしない場合は、美濃クラフトさんの「真鍮風塗装」を施した表札もオススメです。

塗装のため、色の変化はほとんど発生しないため、設置当時の色を長期間キープしてくれますよ。

本記事がお客様の表札選びの参考になれば幸いです。

それでは最後までご覧頂き有難うございました。

今回ご紹介した商品
OTC-30【福彫】真鍮表札 クロニコ OTC-30
OTC-31【福彫】真鍮表札 クロニコ OTC-31
CA-34【美濃クラフト】アルミ鋳物表札 i-mono(イーモノ)CA-34
LT-1-OBR【美濃クラフト】ステンレス切文字 Line-s(ライン-S)LT-1-OBR
XP-8【美濃クラフト】ステンレス切文字表札 書体フリータイプ XP-8
CT-41【美濃クラフト】アルミ鋳物表札 Mir(ミール)CT-41
KG-32【美濃クラフト】ステンレス切文字 むすび「結」KG-32

関連記事一覧

コメント ( 0 )

  1. この記事へのコメント はありません。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。