関西エクステリアフェアグランピング

今、流行りのグランピングとは?

こんばんは。エクステリアのエクストリムです。

次のブログ記事を作成するにあたり、アクセスキーワードを確認していたところ、「グランピング 関西」のキーワードで訪問をされている方が多くみられました。

少し気になったので、「グランピング」というキーワードをサジェスト検索(キーワード入力候補)すると、上位には「グランピング とは」というそもそもグランピングのことを知らない方が結構多いという事が検索結果から見えてきました。

そこで今回は、グランピングについてご紹介させて頂きたいと思います。(え?エクステリア関係ない?最後の方でエクステリアは関わってきますのでご安心を。)

グランピングとは?

グランピングという名称については、一般社団法人日本グランピング協会によると以下のように定義されているようです。

グランピングってなに?
近年、アウトドア愛好家の間では快適さを兼ね備えた新しい体験型旅行が注目されています。それが雑誌やテレビなどですっかりおなじみになったGlamping(グランピング)です。これはグラマラス(魅惑的な)とキャンピングを掛け合わせた造語で、テント設営や食事の準備などの煩わしさから旅行者を解放した「良い所取りの自然体験」に与えられた名称です。世界を席巻するこの新しい流れは、もはや止めることはできません。

一般社団法人 日本グランピング協会より引用
http://glamping.or.jp/about-glamping.html

グラマラスとキャンピングを掛け合わせている造語とのことですが、最近テレビでも特集される機会が増えているように感じるので、ブームになりつつあるんでしょうね。

グランピング イメージ

テレビの特集では、若い女性が都会の中心で手ぶらで集まってバーベキューなどを楽しむ姿が印象的でした。

日常でも「グランピング体験」ができないか?

わずらわしさから解放された自然体験という意味では、先のようにワイワイと集まって用意されたバーベキューを楽しむのもいいとは思います。

バーベキュー

ただ、中には落ち着いて自分だけの空間と時間を自然の中に持ちたいというかたもいらっしゃるかもしれません。

ランプ

お庭があるお家でしたら、庭にファニチャーやテント、あるいはハンモックを設置することで、疑似的なグランピング体験を得ることができるようになります。

空間を演出することで、グランピング会場にわざわざ行かなくても、毎日お庭をリラックス空間に変身させることができます。

エクステリアでグランピング

さてそろそろ本題です。(笑)

先日の関西エクステリアフェアでは、グランピングとエクステリアの融合をテーマに展示がされていましたね。

グランピングとエクステリアの融合

特別さを気負うことなく、日々の生活の中にグランピングを取り入れるのも素敵かもしれませんね。

展示では結構なスペースが必要だったようなので、まずはガーデンファニチャーを庭先においてお茶を楽しむところから始めるのが気軽かもしれません。

まとめ

グランピングという言葉は、グラマラスとキャンピングを掛け合わせた造語という事でした。
優雅でありながら自然体験をお手軽に楽しめることが、忙しい現代人に受けているようですね。

エクステリアにガーデンファニチャーを取り入れることでも、日々の生活の中にグランピングの要素を取り入れることができると思いますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

本日も有難うございました。

関連商品

■ガーデンファニチャー一覧
https://www.ex-trim.com/category/item/itemgenre/furniture/

 

関連記事一覧

コメント ( 0 )

  1. この記事へのコメント はありません。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。