スタッフブログ

エクストリムスタッフのブログです。新商品の情報などをご案内致します。

撮ったその場で簡単にリフォーム後のイメージが出来るアプリ「RIKフォトタッチ」が便利だった件。

こんばんは。エクステリア通販の「エクストリム」です。

エクステリアはカタログでは綺麗な施工イメージが掲載されていますが、実際に自分の家に設置したらどうなるのか?はつけてみないとわからない事も多いですよね?

業者の方に説明を聞いても、ざっくりとしたイメージしかわからずモヤモヤという事も。

エクステリア商品は、カーポートや門扉など頻繁に取り換えるものでもないので設置後に「イメージと違った。」なんてことは避けたいですよね…

そこで今回、写真にエクステリア商品を簡単に合成できるアプリ「RIKフォトタッチ」が便利だったのでご紹介させていただきます。

これで、業者の方だけではなく、ご自分でも簡単にお家にエクステリア商品を設置した時のイメージ図を作成することができるようになりますよ。

「RIKフォトタッチ」でこんな事が出来る様に!

RIKフォトタッチを知っていただくために、まずは簡単な紹介動画をご覧下さい。

いかがですか?

簡単に一つの写真からBefore⇒Afterのイメージ写真が作成できましたね。

施工後のイメージがわかりやすくなるので、お客様にとっても、定案する側にとっても役に立つアプリになっています。

RIKフォトタッチの特長

RIKフォトタッチ (5)使いこなせるようになってくると、10分程度で以下のようなBefore⇒After写真が簡単に作れるようになります。

RIKフォトタッチ (4)

「RIKフォトタッチ」を早速使ってみよう!

まずは、下記のURLよりアプリをダウンロード。

RIKフォトタッチ

RIKフォトタッチ (7)

iPad版・PC版が用意されているので、環境に合わせて選択して下さい。

RIKフォトタッチ (6)

使用料は無料なので、気軽に始めることができます。

注意点は、推奨動作環境がiPadProという事。

私が試したのはiPad Air3でしたが問題なく動きました。

PC版の場合はWindows8以上なので、ご利用の環境をご確認下さい。

インストールしたら、ユーザー登録後に使用を開始することができます。

私もやってみました!

今回、手元にあったのがIpad Air3。

推奨環境からは少し外れてしまいますが…
恐る恐るアプリをダウンロード。

ダウンロードが完了すると、ホームに「RIKフォトタッチ」のアイコンが追加されていました。

RIKフォトタッチ (3)

他のアプリと同様に、アイコンをタッチしてアプリを起動します。

初めての起動時には、メールアドレスの登録が必要になります。

認証コードを要求されるので、忘れないようにしっかりメモを取るかスクリーンキャプチャをとることをお勧めします。

で、やってみた!

前々からカーポートをつけたかった我が家の写真です。

建売なので、機能門柱も必要最低限の機能だけのため、ここも気になっているポイントです。

RIKフォトタッチ (1)雨の日はカーポートがないので自転車もずぶぬれ…

そこで、今回ダウンロードしたRIKフォトタッチの出番。

早速、撮影した写真にカーポートと機能門柱を足してみました。

RIKフォトタッチ (2)車がはみ出しているのはご愛敬

なんということでしょう!

あんなに殺風景だった我が家にカーポートと宅配ボックス付きの機能門柱が付きました。

初めて触ったので、遠近やカーポートの方向などで少し苦戦しましたが、コツをつかんでくるとドンドン盛りたくなってしまって…

気が付いたら車にネコなんか乗せてしまっていました(笑)

全体の作業時間は20分程度でしたが、慣れてくると10分程度でも十分可能かもしれません。

私の場合は、iPad Air3でも特にもたつきなども感じられずスムーズに作業ができました。

簡単な工程で合成写真が作れるので、設置後のイメージもわいてきますね。

施工の前に悩んだら。

いかがだったでしょうか?

大がかりなエクステリアの工事はCADという3Dの図面で提案してくれる業者の方も多いとは思います。

ただ、今回のような単品の工事の場合ですと、こういったイメージ図を提案してくれる業者は少ないかと思います。

設置後に「あれ?」となる前に、一度当アプリで設置後のイメージを付けてから業者の方とお話しをされると、イメージの違いも起こりにくいかと思います。

また、業者の方もこちらのアプリでひと手間かけると、お客様に施工後のイメージをして頂きやすくなると思うのでお勧めです。

それでは本日もありがとうございました。

関連商品

 

この商品の平均評価:

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。