スタッフブログ

エクストリムスタッフのブログです。新商品の情報などをご案内致します。

ニッコーエクステリア2022-2023カタログ

ニッコーエクステリアさんの2022-2023カタログを頂きました!

おはようございます。エクステリア通販の「エクストリム」です。

本日はタイトルにもあるように、ニッコーエクステリアさんの2022-2023のカタログを頂きましたのでご紹介させて頂きます。

2022年からはブランドイメージを一新!

今回のカタログの表紙は、今までとは一変してシンプルなデザインになっています。
パッと見たら何を扱っているメーカーかはわからないほどです。

ニッコーエクステリア2022-2023カタログ

余談ですが、白いマットな質感のカタログは汚れた手で触るとすぐに真っ黒になるので、現場では持ち歩きずらいですね。(;’∀’)
メーカーの方がご覧になっていたら参考にして頂ければ幸いです。(笑)

「こんなつもりじゃなかった」をARで解決!

今回のカタログでは、AR技術を活用したデジタルツールが導入されています。

商品を設置してから「こんなつもりじゃなかった」となりにくい対策がされています。

ニッコーエクステリア2022-2023カタログ

ニッコーさんが取り扱っている商品は、ガーデンシンクなどサイズ感がわかりにくい商品が多いため、このARの採用は商品選びのハードルを下げてくれますね。

カタログイメージも大幅刷新!

ニッコーさんのカタログは今までは、モデルを使った使用イメージの提案が多用されていました。

下の写真は2021年のカタログ写真ですが、女性がガーデンシンクを囲みながら実際の商品を使用している状態の写真で大きくページを割いています。ニッコーエクステリア2021カタログ

下の写真が今回のカタログです。

モデルは使わず、商品のみ掲載されています。ニッコーエクステリア2022-2023カタログ

同じ商品を取り扱っているメーカーとは思えないほどの大きな変化です。(笑)

サイズ感はわかりにくくなりましたが、サイズイメージをまとめたページも用意されているので、先ほどのAR技術と合わせながらサイズ感を感じてもらえるかと思います。

WEBページも同タイミングで大幅刷新!

11/1にニッコーさんのホームページも大幅な刷新が行われています。

失礼ながら、今までのニッコーさんのページは少し野暮ったい雰囲気でしたが、今回はモーションを多用した最近?のデザインに大幅刷新されています。

一つ一つの画像が大きくなったので、目的のページに少したどり着きにくくなったような気が…

まとめ

今回は、ニッコーさんの新カタログをご紹介させて頂きました。

ニッコーさんはガーデンシンクなどのガーデンアイテムとしては大型の商品を多く展開しているため、今回新たにAR技術も取り入れられていました。

なによりもカタログが全体的にスッキリとした印象を受けました。

新商品も多く掲載されていましたので、順次当ショップでもご紹介していきたいと思います。

それでは本日もありがとうございました。

関連情報

■ニッコーエクステリア アイテム一覧

■ニッコーエクステリア 公式ホームページ

この商品の平均評価:

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。